Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://cabagnolo.blog34.fc2.com/tb.php/925-a5953e9a

-件のトラックバック

-件のコメント

[C4366] ありがとうございます。

デジさん貴重なご意見ありがとうございます。
ボク自身なにもたいした大志があるわけでも、特別な倫理観や環境への哲学があるわけでもありません。でも「な~んかこのままではいつか・・・」という危機感はあります。
次回3回目はいっそ飲み会形式でやろうかなと考えています。
堅くならずに、せめてこれまでの経緯等を聞いてもらえるだけで良いです。酒飲んで少しの間だけ報告を聞いてもらって、あとは自転車の楽しい話をしましょう。

[C4365] ご無沙汰をしております!

会議に出られなかったので、ここでコメントさせてください。

以前、abさんが「チーム員が増えることで、1つの大きなムーヴメントを起こせるかもしれない!」と力説されていたのを鮮明に覚えています。

現在、様々な団体で「自転車を取り巻く環境を良くしたい!」的な活動をしていますよね。
ノーゲー人等が中心となって活動している団体も多く、以前と比べるとその活動も多岐に渡るようになっているように見えます。

ただ、やはり自転車に乗っている人、その良さに共感できる人達だけの小さなクローズドマーケットでの活動に過ぎない気がしています。

abさんがグリーンジャージを作成したときに、右側に「チームマイナス6%」のマークを配置し、自動車のドライバー達に自転車の環境配慮を少しでもアピールできれば!」とコメントされていました。 僕は、ここにヒントがあるような気がしています。

究極は自転車に乗らない人にどうアピールできるか!?
だと思っております。

やはり、そのためにはまず、自分たち(自転車の良さを共感できる人達)の足元から固めていかねばならないわけですよね。
その、足がかりが今回のサイクルモードへの出展なわけですよね。

長々とすみませんでした。
会議にはお伺いできそうにありませんが、自分にできる何かを考えていこうと思います。
  • 2009-09-22
  • デジ
  • URL
  • 編集

[C4363] 次の世代が自転車を楽しめる環境を!

自分たちの子供や孫(笑)が「ローディーになりたい」と言ったとき、「そうだね! だけど。。。」となりませんか? 安全に走れる場所って簡単には思いつきません(場所によって環境はことなると思いますが)。そんな「次の世代が気持ち良く走れる」の視点から考えてみませんか?

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

第2回サイクルモード対策会議ご報告

第2回のくろらぶさんの報告です。

会議日時:9月19日(土)19:30~22:00
会議場所:有限会社ナレッジワークス
参加者:abさん、orangeさん、mojohandさん、ポンポンさん、高津さん、スペ
シャルアドバイザー、くろらぶ

1.訴求方法:
「自転車が楽しむ環境が悪化しており、自転車を取り巻く環境に対して危機感を
持っている」
(自分たちにも責任の一端はあるという目線が大切)
「そこで自分たちができることは何か? マナーを守るのは最低限必要 それだ
けではこの状況を打破できないのではという疑問を持つチーム員も多い」
「自転車ブームでロードレーサに乗る底辺も広がっており、自転車に乗る側、自
転車に関連する環境・社会との相互理解が必要」
「自転車がもっと社会に認知される様なムーブメントを起こす必要があるので
は? 既成の枠組みには囚われない自転車乗りとしての純粋な思いで型破りなイ
ベントを提言したい、そしてその過程あるいはその成果としてロードレーサを楽
しめる環境が整備されることを実現したい」
「だからビーチは「グランデパールを東京で」という自転車のりなら誰もが描く
「夢」を提言し、多くの自転車乗りに共感してもらうムーブメントにしていきたい」

2.今後の進め方:
・上記訴求方法に従い「企画書」および「イメージ映像」(想定しているコース
図CGなど)を作成する(期限:10月3日(土))
・企画書を実行委員でレビューし、その結果にチーム員の意見を盛り込む
・企画書・イメージ映像を元にキーパーソンにインタビュー、アドバイスを貰う

3.その他:
・今後関連活動をするために名刺が在った方が「本気度」が伝わりやすいと考え
るので準備する
・次回 第三回実行委員会は10月3日(土) 19:30~ を予定

以上です。
今回新たな仲間3人が参加くださいました。貴重なご意見も頂き感謝しています。12月の本番まで出来る範囲で構いませんので,引き続きご協力ください。
第3回はもっと多くの参加者でもりあがりたいです。

ボクもいっその事「チーム員募集」というフツー(関西支部もそうですが、それが自然でもっともだし十分意義のある事と思います)の内容でも良い気がしていました。
皆仕事あるし、家族サービスもあるだろうし、趣味の自転車遊びで入ったチームなんて何かオイシイ情報もらってタノシイ飲み会、オトクなイベントだけ参加出来ればソレで十分!
でも本当にそうして自転車に乗って(買って)「最近走る場所無くてね~」「多摩川はいよいよヤバいらしいよ」とかスタバでアイスラテ飲みながら話す・・・そんなでいいのか?実行委員会出席者は悩みます。スペシャルアドバイザーとして参加してくれた方は「こんなに自転車と社会の事を真剣に話し合っている場所は他にないですよ!!」と言ってくれました。ボクもそう思います。皆真剣です。自分が良ければイイとか自転車乗りが便利だったり、都合の良い社会になれとも考えていません。
「我々は自転車乗りで歩行者でドライバーで、歩道を歩き交差点を渡る人々の父や夫です」
自転車乗りだけの立場でもなく、歩行者の立場やドライバーの立場も含めた広いスタンスの中でこれから自転車が社会に愛され、親しまれ欧州並みの社会的地位を得られる方法を考えています。
他の自転車チームが考えないようなドンキホーテな行為です。
実行委員会に出席してくれた仲間が言いました。
「だってBeachっぽいでしょ」
『Beachっぽい』
ボクはおバカでオタクな自転車好きのabが代表のチームなのに「いつの間にか高尚な事を真剣(お・しゃれに)に考える集団になった」と思いました。
500人超の日本一のチームです。
ボクらには何か出来るかもしれないし、ボクらには最初のちいさなちいさなビッグバンを作る能力と責任があると感じています。

何もしなければ「チーム員募集してま~す!」です。
きっと他のブースも同じです。それでも良いです。
でも。
それって
『Beachっぽくないでしょ』

次回の集まりは10月3日です。
何も発言しなくても,現地に行かなくても良いです。今、何が起きているか?見に来てください。

阿部ちひろ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://cabagnolo.blog34.fc2.com/tb.php/925-a5953e9a

0件のトラックバック

3件のコメント

[C4366] ありがとうございます。

デジさん貴重なご意見ありがとうございます。
ボク自身なにもたいした大志があるわけでも、特別な倫理観や環境への哲学があるわけでもありません。でも「な~んかこのままではいつか・・・」という危機感はあります。
次回3回目はいっそ飲み会形式でやろうかなと考えています。
堅くならずに、せめてこれまでの経緯等を聞いてもらえるだけで良いです。酒飲んで少しの間だけ報告を聞いてもらって、あとは自転車の楽しい話をしましょう。

[C4365] ご無沙汰をしております!

会議に出られなかったので、ここでコメントさせてください。

以前、abさんが「チーム員が増えることで、1つの大きなムーヴメントを起こせるかもしれない!」と力説されていたのを鮮明に覚えています。

現在、様々な団体で「自転車を取り巻く環境を良くしたい!」的な活動をしていますよね。
ノーゲー人等が中心となって活動している団体も多く、以前と比べるとその活動も多岐に渡るようになっているように見えます。

ただ、やはり自転車に乗っている人、その良さに共感できる人達だけの小さなクローズドマーケットでの活動に過ぎない気がしています。

abさんがグリーンジャージを作成したときに、右側に「チームマイナス6%」のマークを配置し、自動車のドライバー達に自転車の環境配慮を少しでもアピールできれば!」とコメントされていました。 僕は、ここにヒントがあるような気がしています。

究極は自転車に乗らない人にどうアピールできるか!?
だと思っております。

やはり、そのためにはまず、自分たち(自転車の良さを共感できる人達)の足元から固めていかねばならないわけですよね。
その、足がかりが今回のサイクルモードへの出展なわけですよね。

長々とすみませんでした。
会議にはお伺いできそうにありませんが、自分にできる何かを考えていこうと思います。
  • 2009-09-22
  • デジ
  • URL
  • 編集

[C4363] 次の世代が自転車を楽しめる環境を!

自分たちの子供や孫(笑)が「ローディーになりたい」と言ったとき、「そうだね! だけど。。。」となりませんか? 安全に走れる場所って簡単には思いつきません(場所によって環境はことなると思いますが)。そんな「次の世代が気持ち良く走れる」の視点から考えてみませんか?

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

 Cabagnolo 10%

Author: Cabagnolo 10%

 

 

最近の記事

月別アーカイブ

全タイトルを表示

無料ホームページ ブログ(blog)

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。