Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://cabagnolo.blog34.fc2.com/tb.php/737-25e88257

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ケイデンス その2

「65・・63・・68・・70・・65」
ボクは苛立っていた。
先日のアマンダ千葉さんからの電話で「低いケイデンスで重いギアをゆっくりと・・・」を実行していた。
いつもの本栖みちを登りながら、目の前のSRMのW表示に出てくる低い数値に苛立った。
『はぁ~~もう止めたい・・・・きついしきっとタイム酷いに決まっている・・・』
およそ5%程の坂の中で、リアのギアはトップ側5段程を行ったり来たりを繰り返す。
早く計測ポイントの最初のトンネルに着きたかった。そこで前回の22分14秒より遅れれば(遅れるに決まっているけど)このTTを止められる
『今日はもういいや!トンネルまでなんとか我慢してあとはLSDに切り替えよう・・・辛いし・・』
前回95~100回転で走った道を60回転後半で走る。
トンネルの手前の右コーナーを曲がるときに
『!』
気がついた。
まだ20分台だ!
そのまま少し加速してトンネルへ。
21分40秒!
『あれ?30秒以上前回を上回っている・・・』
ゴールの本栖湖に到着タイムが32分36秒。前回から64秒短縮。
ケイデンス遅い方がタイム出ちゃった・・・。
う~~~~むっ。
分けわかんない。
確かに昨年の富士ヒルではケイデンス75回転でほとんどをアウター×ロウ側で走っていたのを思い出した。
ダンシングをする時は確かに70回転台でやっているので、この自転車の場合それくらいのケイデンスが適当という事か?次回は75回転で試して見ます。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://cabagnolo.blog34.fc2.com/tb.php/737-25e88257

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

 Cabagnolo 10%

Author: Cabagnolo 10%

 

 

最近の記事

月別アーカイブ

全タイトルを表示

無料ホームページ ブログ(blog)

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。