Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの工作(サドルのカーボン修理)

ロードに乗り始めた20年近く前からサドルはサンマルコのCONCORLIGHTを使っていますが、ここ数年はスペシャライズドのROMINを愛用しています。ただ、このサドルは最近のデザインがイマイチで、写真の初期モデルは好きなのです。
で、春にこのサドルで峠に出掛けて下りのコーナーで舗装の穴に前輪を落とした衝撃で「パンッ!」という音がしてサドルが折れてしまったのです。
具体的にはサドルのレールの先端をとめているプラスチック部分が弾け飛びサドルも前方で左右にヒビが入ってしまいました。
表皮は綺麗なのでもったいないのですが、捨てるしか無いな〜とは思いつつも、なかなか捨てられずにいたのですがカーボンシートとエポキシでの修理を行なってみました。
道具はAmazonさんで手に入れて、早速夏休みの工作状態で挑戦です。
カーボンシートを切るのが難しく簡単に繊維の織りがバラバラになってしまい上手く行きません。ハサミでなく超音波カッターがあれば良いのかも(ただし6万円以上します)しれませんが、想像以上の難しさです。それでもカーボンの積層の意味やエポキシの含量等の知識が裏付けられるようで楽しかったです。半日程硬化時間をみて完成。
かなりの剛性でグニャグニャだったサドルも新品以上に硬くなり大満足です。
これ、想像以上に楽しい!オススメですよ。
6Z7A9967.jpg
6Z7A9968.jpg
スポンサーサイト

Appendix

 Cabagnolo 10%

Author: Cabagnolo 10%

 

 

最近の記事

月別アーカイブ

全タイトルを表示

無料ホームページ ブログ(blog)

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。