Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士ヒルヒレハラ〜

身体は出来ていました。1時間10分切れると、表彰台か〜と内心ドキドキもしていましたが、
すみません!大会最初(出走順が早いので)の脚付きというか休憩所で休む選手となってしまいました。
パイプ椅子に座って痰と鼻水を吐き出しながら、泣きながらの屈辱的な時間の長かった事...。
1合目までのタイムは予定通りでしたが、最初の料金所の手前で「あ、ダメかも...」と。
2合目も練習よりも速く走れたのですが、身体が冷えてから咳と大量のネバネバした鼻水が止まらず無理して走って居ました。
2合目のスグ先の補給所でリタイア。パイプ椅子に座る僕の前を一生懸命ペダルを踏んで上っていく選手たちを眺めている自分がもの凄く不思議に感じました。応援してくれた仲間やスタッフ、家族の事を考えると辛かったです。

救護のナースの方に「ご気分悪いですか?」と聞かれて「大丈夫です!」なんて答えられる訳も無く「はい。ダメです」と答えた。
下山始まったら一緒に下山して良いかと一応聞いてみた。
「ダメなんですよ。そこのバスで休んで下さい。3時間後に出発になりますけど。あ、出発しても一度頂上まで行ってからの下山となります」
だそうです。
そうか、確かDNFは自走で下山出来なかったなと思い出した。でも気が遠くなるような話しだ。スタート時間が早いので尚更だ。
仕方なく、しばらく座っているとチームの青いジャージを着た仲間が必死に上って行くのが見えた。次々と青いジャージが目に入る。
「行くか!」
よろよろとナースの方に心配されながらも出発。
時速9km程でペダルを踏んでいた。
その後仲間と合流して1時間50分(良く解りません)くらいでなんとかゴール。
応援して下さった皆様、仲間、スタッフ本当にありがとう!!
感謝です!!!
スポンサーサイト

Appendix

 Cabagnolo 10%

Author: Cabagnolo 10%

 

 

最近の記事

月別アーカイブ

全タイトルを表示

無料ホームページ ブログ(blog)

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。