Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリ生活その後編

昨年の9月末頃に仲間に言われた「自転車乗って下さいよ!」

でっぷりと突き出したお腹。アンパンマンのような頬。ベーコンのような脂肪が身体中を覆っている。もちろん自転車にはほとんど乗っていなかった。練習会にも出ないボクを仲間は心配してくれている。

自転車は好きだし、乗りたく無い訳でもないけど、『自転車=辛い練習』というイメージが強くて、3年前に初めてヒルクライム以外のレースに出場して以来なんだか目標も無く、それまでの摂生の反動で飲んで食べて不摂生の限りを尽くした。(ポテチ評論が書けるくらい)

ボクは現在49歳。今年中に50歳になる。信じられないけど(笑)。

自転車でダイエットしようと思っている中年諸氏も多いと思うので、参考になるか解らないけどこの半年強のボクの話しを書きます。

40代前半、レースの直前は176cmで体重が60kgを切るくらいまで絞っていた。それが昨年の9月で73、8kg(本当は75kgくらいの時もあった)体脂肪もその頃の良い値で体幹部で24%。お腹はでっぷりと中年そのもので、脇にも溢れんばかりの脂肪のまわしが付いていた。仲間に涙目で「乗ってくれ!」と言われて流石に逃げ切れなく(ごめん!)練習を再開。しかし20km/h超で登っていた大垂水峠が時速6、7km/hと信じられないくらいの遅さで、自分でもビックリした。

とにかく乗るしかないので乗った。でも40代前半のようにヤビツ峠を毎日3、4本登るような事は出来ない。仕事もあるし、家庭もある。練習時間が取れないので自動車で峠に行くのは控えて、都内を走るかローラーでの練習で効率を上げる事にした。朝ローラー1時間乗って、昼に通勤で1時間。寝る前にもう1時間ローラーに乗る日もあった。それでも走行距離は以前の半分(月に500〜700km)です。

とりあえず今朝の段階で体重65kg。9kg以上痩せました。体幹の脂肪値も24%から11%に。まだまだベストから比べると5kg分の脂肪があるので、ヤビツ峠でもベスト+6分のタイムしか出ませんが、走って楽しいレベルにはなった気がします。
ボクは何事も0%か100%しか出来ないたちなので、実は練習再開後3ヶ月でほぼ現在の値になったのですが、これでは仕事や日常生活に支障が出ると思って、少し緩める期間を設けました。人生の楽しみを忘れない『食事やお酒の楽しみも味わいつつの自転車生活』に切り替えたのです。

Mt.富士ヒルクライムまで2ヶ月を切りました。一応出場するつもりです。
1時間20分を切るのが目標。1時間10分を切っていたのだから20分切りなんて簡単だ!と思っていたら大違い。20分切るのってかなり速いのですよ。ヤビツ峠でコンビニ〜で35分台のタイムが必要です。

頑張ります!
(あ〜腹減った〜〜〜)
スポンサーサイト

Appendix

 Cabagnolo 10%

Author: Cabagnolo 10%

 

 

最近の記事

月別アーカイブ

全タイトルを表示

無料ホームページ ブログ(blog)

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。