Entries

カタログ製作進行中・・・・少し。

店舗の急な移転でてんやわんやですが、忘れているわけでは無いのです。
あまり進んでませんが。
表紙をどうしようか?想像した時に、ボクがワクワクする作家は渡辺和博画伯(残念ながら亡くなってしまった。かなり辛かったです)、蛭子能収さん、BOWさんの3人。
ナベゾ画伯とエビスさん(単行本の表紙を撮影したこともある)はボクが10代の頃にお付き合いが始まった作家さんで、BOWさんは、30歳前くらいに自動車雑誌『CAR MAGAZINE』の連載でご一緒するようになっていらい憧れていた存在です。
carmagazine1106.jpg

とにかくBOWさんはオシャレで「BOWさんのように歳を重ねていけたら・・・」当時そう想像したものでした。
身長が180cm以上ある長身で(60代でこの身長は稀ですよね)無精髭が似あう紳士です。英国のトライアンフを何十年も可愛がりながら、ジャグワーやヨットに浮気するカンジの趣味人です。
オートバイや自動車のイラストでは第一人者のBOWさんに自転車の絵を描いてもらったら面白いかも!そんな思いつきで、10年ぶりくらいでお電話してみました。
カメラマンで無くなっている事に随分驚かれましたが、Pandaniの事、カタログ作りの事を聞いて頂けて快く引き受けて頂けました。
もうその晩はハッピーで、何も始まっていないのにカタログ作りが成功したかのような気分で祝杯です。
IMG_5313.jpg

で、昨日完成したイラストを受け取って来ました。
Pandaniのジャージを着て、昔のツールドフランスを走っているようなイメージでお願いしました。
モデルはチーム員のグッチーくんの走行写真を参考にして頂きました。
写真
現在の脚くるまのF車400i.
『乗ってみてよ~』
と言われて、子供の頃から憧れていた馴れない高級スポーツカーの運転席に。差し込むキーの向きから教わって、おそるおそる捻ると
「クオッ!・・・・」
「うん?あれ?」

ヤバー・・・エンジン掛からないよ~~~~。

壊れちゃったよ。

BOWさんも焦ってるし~~~~。

とにかく記念撮影だけiphoneで撮影。
で、スグにボンネット開けてみた。
「バッテリーは大丈夫だもんな~」
BOWさんがキルスイッチいじりながら呟く。
他に手出し出来るようなエンジンで無いし。

その後、もう一度エンジン掛けたら何事もなかったように始動した。
キルスイッチが振動で緩んだだけだった。
よかったです。
あ~ビックリした。


IMG_5331 2
これが頂いたイラスト。
スポンサーサイト

4件のコメント

[C6018] F車

びっくりしました~~~~
  • 2011-12-26
  • ふらふら
  • URL
  • 編集

[C6017]

うわー、かっこイイっすね!
車好き男子の憧れ、BOWさんに描いてもらうなんて、贅沢~。
昔、中坊の頃、BOWさんのレッスン受けた事あるんです。
最近、忙しくてお邪魔できてませんが、忘れないで~。
  • 2011-12-26
  • モーちゃん
  • URL
  • 編集

[C6016]

うはっ、BOWさんのイラストかっこいいですね。
私もBOWさん好きでイラスト集やらエッセイとか
タペストリーとか買いましたわ。

[C6015] sakaguchi

最高にクールですね。
参考モデルに使っていただいて、メッチャ嬉しいです!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

 Cabagnolo 10%

Author: Cabagnolo 10%

 

 

最近の記事

月別アーカイブ

全タイトルを表示

無料ホームページ ブログ(blog)

QRコード