Entries

憧れのパンターニ

今日はチームのしんちゃんからヒルクライムレースの総合優勝報告を受けてゴキゲンだった。
サリーチェ(荒木町のイタリアンワインバーでサイクリストのソムリエがいる)のマスターの所に行って祝杯を5時からあげていた。
で、19時過ぎになって仕事モードに戻ろうとPにもどったら、携帯が鳴って「これからイタリアの○○さんと食事するんだけど来ない?」とお誘いされて、イタリアワインで酔っぱらってる勢いで迷ったけどホイホイ着いて行った(某輪会の重鎮に)。

ボクは時々突然こういった電話で選択を迫られる。
数年前も突然イマナカさんから電話で明後日空いてる?と聞かれて『ハイ!』と答えたらイバン・バッソを一日頼むというような事を言われて戸惑った。絶頂期のバッソに会えるなんて夢のようだし、しかも一日ボクに東京案内をお願いされて嬉しいやらプレッシャーやら・・・・結局恥をかいてもチャレンジしてみたい興味に負けてしまった(もちろんボクだけの最高の思い出が出来た)。



 30分後、イタリア人の経営する神楽坂の懐かしいレストラン(ここはホントに美味しい)に連れていかれ本格的なイタリア人(どんなイタリア人?)と外国語まったく話せないボクがテーブルを一緒にするという暴挙だったが、美味しい料理と楽しい会話(聞いてただけだけど)でステキな時間を過せた。
ボクは「パンターニカップが出来たら面白い!」と伝えた。
この言葉がイタリアのVIPなゲストの胸に響けば近い将来実現するかもしれない。
どこかこのイベントに興味を持ってくれる自治体なり、会社が手を挙げてくれるかもしれない。
あ~なんて楽しそうなパンターニカップ!
きっと日本のトップヒルクライマーもプロ選手もそんな名前の大会に出てみたいと思ってくれるに違いない。
乗鞍も富士も霞んでしまうくらいの魅力あるヒルクライムレース!!
あぁ!見てみたい!!実現させたいです。

こんな役立たずのボクにチャンスをくれた友人に感謝!
ボクの良い所は打算でなく夢を追える事。ボクに一銭も入らなくて良いから、サイクリストがドキドキするような明るい話題(コンテンツ)を提供していきたい!
サイクリスト達の笑顔が見たいと本当に心から想った。
スポンサーサイト

1件のコメント

[C5988] ありがとうございました

急に引っ張り出したようで恐縮です。
魅力的な企みにできるように、焦らず話をしましょう。

で、リミニにも一緒に行けるといいですねぇ
  • 2011-11-15
  • chicuci
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

 Cabagnolo 10%

Author: Cabagnolo 10%

 

 

最近の記事

月別アーカイブ

全タイトルを表示

無料ホームページ ブログ(blog)

QRコード